1. HOME
  2. 入れ歯・ブリッジ

入れ歯・ブリッジという選択肢

入れ歯・ブリッジという選択肢

虫歯や歯周病、ケガなどにより歯を失った状態のままで放置していませんか? 歯はたとえ1本でも失ってしまうと、空いたスペースに周囲の歯が倒れてきたり咬み合う歯が伸びてきたリして、歯並び・咬み合わせが悪くなります。また、口腔内のバランスが崩れることで、顎や首などに負担がかかり全身に悪影響を及ぼすこともあるのです。歯を失ってしまったら、早めに歯を補う治療を行いましょう。

辻堂の歯医者「辻堂デンタルクリニック」では、入れ歯治療、ブリッジ治療を行っています。患者様の口腔内の状態やご要望に応じて最適な治療方法をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

歯を失った際の選択肢

失った歯を補う治療として、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」があります。それぞれの治療には特徴がありますので、特徴を押さえた上で最適な治療方法をお選びください。

  入れ歯
入れ歯
ブリッジ
ブリッジ
インプラント
インプラント
特徴 歯を補う治療としてもっとも歴史が長くポピュラーな治療です。取り外しできるのが特徴です。 失った歯の両隣の歯を削り、その歯を支えにして橋渡しするように人工歯を固定する治療です。 歯を失った箇所にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を被せる治療です。



  • 保険診療の素材・構造であれば、安価。
  • 治療期間が比較的短め。
  • 多くの症例に対応できる。
  • 違和感がほとんどない。
  • 保険診療の素材・構造であれば、安価。
  • 顎の骨に固定しているため、硬い物でもしっかり咬める。
  • セラミック製の人工歯のため、見た目が自然。
  • 周囲の健康な歯を削る必要がなく、負担をかけることもない。
  • 歯の本数に関わらず治療できる。




  • インプラントと比べるとしっかり咬むことができない。
  • 保険診療の素材・構造の場合、見た目が不自然になり入れ歯とわかってしまうことがある。
  • 慣れるまで痛みや違和感が出ることがある。
  • バネをかける入れ歯の場合、健康な歯に負担がかかる。
  • 歯科医院で定期的な調整が必要。
  • インプラントと比べるとしっかり咬むことができない。
  • 両隣の健康な歯を削らなければならない。
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまう。
  • 治療に数か月かかる。
  • 手術が必要。
  • 適応できないケースがある。
  • 自費診療であり高価。
  • 継続的なメンテナンスが必要。

>>インプラント治療の詳細はこちら

入れ歯治療について

入れ歯治療について

もっとも歴史が長くポピュラーな治療方法である入れ歯にはさまざまな種類があり、入れ歯ごとに見た目や機能性も異なります。当院では、患者様のご要望やご予算に合わせて、最適なご提案をしています。保険診療、自費診療に関わらずしっかり咬めて快適にお使いいただける入れ歯を作製可能です。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯は保険診療、自費診療の2種類の入れ歯に分かれます。治療にかかる金額は自費診療のほうがかかりますが、その分さまざまな素材・構造を選択でき、見た目が自然でしっかり咬める理想的な入れ歯が手に入ります。

  保険診療の入れ歯
保険診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
素材・構造 レジン(歯科用プラスチック)のみ使用可能。部分入れ歯の場合は金属のバネが付く。 金属やセラミックなどさまざまな素材を使うことが可能。また、薄く作るなど構造も選ぶことができる。
見た目 入れ歯だと気付かれやすい。 見た目が自然で気付かれにくい。
費用 比較的安価。 比較的高価。
作製期間 比較的短期間。 比較的長期間。
強度 壊れやすい。ただし、比較的修理がしやすい。 丈夫で壊れにくい。ただし、比較的修理が難しい場合がある。
熱伝導 厚みがあるため、食べ物の温度が伝わりにくい。 薄く作れるので、食べ物の温度が伝わりやすい。
装着感 慣れるまで痛みや違和感が出ることがある。 お口にフィットして付け心地がよい。
取り扱い入れ歯の紹介
レジン床義歯(保険診療)
レジン床義歯(保険診療) 床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使った入れ歯です。保険診療のため比較的安価に作ることができ、修正や調整が簡単にできます。
メリット デメリット
  • 比較的安価。
  • 比較的短期間で作製可能。
  • 修正や調整が簡単。
  • ほとんどの症例に対応できる。
  • 装着感が劣り、慣れるまでに時間がかかる。
  • 厚みがあるため、食べ物の温度が伝わりにくい。
金属床義歯(自費診療)
金属床義歯(自費診療) 顎にあたる床部分が金属でできた入れ歯です。薄く作ることができるため食べ物の温度が伝わりやすく、食事を楽しめます。
メリット デメリット
  • 薄く作ることができるため食べ物の温度が伝わりやすい。
  • 丈夫で壊れにくい。
  • 装着感に優れている。
  • 汚れが付着しにくい。
  • 修理ができない可能性がある。
  • 自費のため比較的高額。
  • 金属アレルギーのリスクがある。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 金属のバネがない入れ歯です。軽く弾力のあるプラスチック素材を使うため自然な付け心地であり、しっかり咬むことができます。金属のバネがないため見た目が美しいです。
メリット デメリット
  • バネがなく見た目が自然。
  • バネがなく周囲の歯に負担をかけない。
  • フィット感があり、違和感が少ない。
  • 適度な柔軟性があり、壊れにくい。
  • 金属アレルギーの心配がない。
  • すべての歯がない場合は適用できない。
  • 経年により変色する恐れがある。
  • 食べ物の温度が伝わりにくい。
  • 自費のため比較的高額。
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 磁力で固定する入れ歯です。歯の根と入れ歯に磁石を埋め込んで固定します。
メリット デメリット
  • しっかり固定でき、安定感がある。
  • 見た目が自然。
  • 丈夫で壊れにくい。
  • バネをかけないので、周囲の歯に負担をかけない。
  • 取り外しがかんたんでお手入れがしやすい。
  • 神経のない歯根にのみ利用できる。
  • 自費のため比較的高額。
  • 金属アレルギーの心配がある。
コーヌスクローネデンチャー
コーヌスクローネデンチャー 茶筒の原理を利用したはめ込み型の入れ歯です。バネを使わず、歯に被せる内冠と入れ歯に取り付ける外冠をはめ込んで固定します。
メリット デメリット
  • バネをかけないので、周囲の歯に負担をかけない。
  • フィットして装着感にも優れている。
  • 見た目が自然。
  • 丈夫で壊れにくい。
  • 自費のため比較的高額。
  • 金属アレルギーの心配がある。
  • 内冠を装着する歯を削る必要がある。
  • 失った歯の部位によっては適用できない場合がある。

ブリッジ治療について

ブリッジ治療について

ブリッジとは、歯を失った箇所の両隣の歯を削って土台を作り、歯が連なった被せ物を橋渡しするようにかけて固定する治療です。保険適用なので安価にでき短期間で治療が完了しますが、適応できる症例が限られ、、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。

メリットと注意点
メリット 注意点
  • 歯がしっかり固定でき、違和感が少ない。
  • 見た目が自然で気付かれにくい。
  • 保険が適用されるケースがある。
  • 手術が不要。
  • 両隣の歯が健康でないとできない。
  • 健康な歯を削る必要がある。
  • 咬む時に土台となる両隣の歯に負担がかかり、その歯を失うリスクが高い。

診療予約はこちらから

TOP