1. HOME
  2. 一般歯科

できるだけ削らない、抜かない治療を

できるだけ削らない、抜かない治療を

「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状がある場合は、虫歯にかかっている可能性があります。虫歯は初期段階では自覚症状がなく、症状が出た時点では進行していることがほとんどです。気になる症状があるなら早めに辻堂の歯医者「辻堂デンタルクリニック」までご相談ください。

歯は削ってしまうと元に戻すことはできません。大切なご自分の歯をできる限り残すために、当院ではできるだけ削らない、抜かない虫歯治療に取り組んでいます。

虫歯は早めの対処がポイント

虫歯を放置すると……

虫歯を放置すると……

虫歯は初期段階では自覚症状がなく、症状が出た時点では進行しているケースがほとんどです。そのまま放っておいても自然に治ることはなくどんどん進行してしまうため、早めの対処が大切です。「虫歯かな?」という症状があれば、早めに歯科医院に行きましょう。

虫歯を放置すると生じる危険性

虫歯を放置すると生じる危険性

  • 痛みが増し、腫れや膿が出ることがある。
  • 周囲の歯も虫歯にかかってしまう。
  • 悪化すると治療に時間も費用もかかる。
  • 麻酔をしても治療時に痛みが生じる可能性がある。
  • 治療を繰り返せばその分歯にダメージが及び、歯を失う可能性がある。

虫歯の進行と治療法

虫歯の進行段階はC0~C4の5段階に分けられ、進行段階に応じた治療を行います。

進行段階 症状 治療方法
C0 虫歯の予備軍
C0 虫歯の予備軍
歯の表面にあるエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える状態です。歯に穴は開いておらず、まだ自覚症状はありません。 毎日のブラッシングやフッ素塗布などの処置で自然治癒が期待できます。
C1 虫歯の初期段階
C1 虫歯の初期段階
エナメル質がさらに溶け、浅い穴が開いて歯の表面が変色した状態です。この段階でもまだ痛みはありませんが、冷たい物がしみることがあります。 虫歯に冒された部分を削り、そこにレジン(歯科用プラスチック)などの詰め物をします。比較的簡単な治療で済みます。
C2 虫歯の中期段階
C2 虫歯の中期段階
エナメル質の下にある象牙質まで溶けた状態です。穴が開き、表面が黒ずみます。甘い物や冷たい物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 C1と同様、虫歯に冒された部分を削り、そこに詰め物をします。治療時に痛みが出ることがあり、その場合には局所麻酔を使います。
C3 虫歯の後期段階
C3 虫歯の後期段階
【歯髄炎】
歯の神経まで虫歯が達している状態です。甘い物や冷たい物、熱い物でもしみるようになり、何もしていなくてもズキズキと激しく痛みます。
虫歯菌に冒された神経や血管を除去し、洗浄・消毒後、薬剤を充填する根管治療を行います。最後に被せ物を装着して、咬み合わせを整えます。
【根尖性歯周組織炎】
歯ぐきより上に出ている歯の大部分が溶け、歯の根まで虫歯が進行した状態です。歯の根に膿がたまり腫れます。物を咬むと激しく痛み、さらに進行すると何もしなくてもズキズキと痛みが増していきます。
C4 虫歯の末期段階
C4 虫歯の末期段階
歯の大部分が溶けてなくなった状態です。神経は死んで痛みは感じなくなりますが、放置すると歯の根に膿がたまり再び激しく痛みます。悪臭がする、歯ぐきや頬が腫れる、熱が出るといった症状が起こることもあります。 多くの場合は抜歯になります。歯を失った部分は、インプラント入れ歯で補います。

歯を保存するための治療~根管治療~

歯を保存するための治療~根管治療~

歯の中にある神経と血管などの歯髄が通る管「根管」に対して治療を行うことを「根管治療」と言います。虫歯が進行し後期段階まで進むと、歯の神経まで虫歯に冒されてしまいます。そのまま放置していると抜歯せざるをえませんが、根管治療を行うことで抜歯を回避することができるのです。

根管治療は、虫歯に冒された根管内の神経や血管をきれいに取り除き、洗浄・殺菌して薬剤を詰める治療です。根管内は直径1mm以下と非常に細く複雑な形状をしているため、高度な技術が求められます。また、慎重に治療を進める必要があり、「歯髄の除去」「洗浄・殺菌」「根管充填」「被せ物装着」といった複数の治療工程があるため、時間もかかります。

根管治療の流れ
  • 歯髄の除去歯髄の除去
    虫歯に冒された根管内の神経や血管をきれいに取り除きます。
  • arrow
  • 洗浄・殺菌洗浄・殺菌
    根管内をきれいに洗浄し、菌が残らないように殺菌します。
  • arrow
  • 根管充填根管充填
    根管内に隙間なく薬剤を詰め込みます。
  • arrow
  • 被せ物装着被せ物装着
    土台を作り、その上から被せ物を装着します。

根管治療が必要なケース

根管治療が必要なケース

  • 虫歯が進行して神経と血管などの歯髄にまで達した時(C3レベル)
  • 歯の根に炎症が起こって痛みや腫れを感じるようになった時

当院では、根管治療の豊富な治療経験を持つ歯科医師が高精度の根管治療を実現しています。根管治療は歯科治療の中でも時間がかかるため、患者様のご協力が不可欠です。複数回通院をしなければならず大変かと思いますが、大切な歯を残すために頑張りましょう。

診療予約はこちらから

TOP