1. HOME
  2. 歯周病治療

気付いた時にはかなり進行しているのが歯周病

気付いた時にはかなり進行しているのが歯周病

歯周病とは、プラークや歯石に潜む歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)を溶かすことで起こる病気です。歯ぐきが腫れる、ブラッシングすると出血するといった症状が現れます。初期段階では自覚症状がないため、気付いた時にはかなり進行しているケースが少なくありません。

辻堂の歯医者「辻堂デンタルクリニック」では、まず歯周病の進行段階を把握するために検査をしっかり行った上で、最適な治療をご提案しています。患者様の口腔内の状態をきちんとご説明しますので、気になる症状がある方は早めにご相談ください。

日本の成人の歯を失う原因の第一位は歯周病です

歯を失う原因

日本の成人の歯を失う原因の第一位は歯周病です

歯周病は自覚症状が乏しいため進行しやすく、重度化しやすいのが特徴です。そのため、歯周病は歯を失う原因の第一位でもあります。まだ症状がなくてもすでに歯周病にかかっている可能性がありますので、定期的に歯科検診や歯のクリーニングを受けて予防するとよいでしょう。

成人の約8割が歯周病またはその予備軍です

成人の約8割が歯周病またはその予備軍です

日本の成人における歯周病(歯肉炎・歯周炎)の患者の割合は、77.3%。これは日本の成人の約8割が歯周病またはその予備軍であることを示しており、歯周病は非常にかかりやすい病気であることがわかります。歯周病はなりやすく歯を失うことにつながるため、病気になる前に予防すること、歯周病に早めに気付き治療して進行を防ぐことが重要です。

歯周病の患者の割合

歯周病の患者の割合

出典:厚生労働省「平成23年歯科疾患実態調査」

今すぐ歯周病チェック

以下は歯周病の症状です。ひとつでも当てはまる場合、歯周病の可能性がありますので、早めに当院までお越しください。

ブラッシングすると歯ぐきから出血することがある
歯ぐきが赤く腫れている
硬い物を咬むと歯が痛い
硬い物を咬むと歯ぐきから出血することがある
朝起きると口の中がネバつく
歯と歯の間に物が挟まりやすい
最近歯が長くなったような気がする
歯を押すとグラグラする
最近口臭がきつくなった
歯ぐきを押すと、出血したり膿が出たりする
歯がむずがゆい
チェックが0個の場合

今のところ歯周病の症状はないようです。毎日きちんとブラッシングして、定期検診に行きましょう。

歯周病の治療法

歯周病治療は進行段階によって治療方法が異なります。軽度であればプラークや歯石を取り除く歯のクリーニングのみで済みますが、進行すると歯周外科治療が必要になります。当院では歯周病の進行段階に応じて、最適な治療を行っています。気になる症状がある方は早めにご相談ください。

比較的軽度~中等度の場合
ブラッシング指導
ブラッシング指導
歯周病治療の基本は毎日の丁寧なブラッシングです。毎日のブラッシングでプラークを除去できるように、患者様の口腔内に合わせたブラッシング方法を指導します。また、歯ブラシやデンタルフロスの選び方もお伝えします。
スケーリング
スケーリング
ブラッシングでは落とせない歯や歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を、「スケーラー」という専用器具を使って取り除きます。
ルートプレーニング
ルートプレーニング
スケーリングで除去できない歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石を、「キュレット」という専用器具を使って取り除きます。最後に歯の表面をなめらかになるように磨き上げ、汚れの再付着を防ぎます。
歯周病がかなり進行している場合
歯周ポケットそうは術
歯周ポケットそうは術
麻酔を使った歯周外科手術です。局所麻酔後に歯ぐきを切開し、歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石、歯周病菌に冒された歯周組織を取り除きます。
フラップ手術
フラップ手術
麻酔を使った歯周外科手術です。局所麻酔後に歯ぐきを切開し、歯根を露出させてプラークや歯石、歯周病菌に冒された歯周組織を取り除きます。きれいに除去した後、歯ぐきを縫合します。
再生治療
再生治療
再生治療とは失った歯周組織の再生を図る治療のことです。薬剤や歯科材料を用いて、失った歯周組織の回復を図ります。

診療予約はこちらから

TOP